HOME

CONCEPT

自然が私達に与えてくれる感動や驚き
それに近い体験をもたらす建築を
「風景」と呼べるような建築を

つくれたらと考えています

WOOD CHAIN – あの場所に –

あるコンテストにて、
Cross Laminated Timber
(直交集成板)で構成された
鎖状に連結するシステム建築を提案。

魅力的な自然風景と
CLTならではの空間との
コラボレーションが、
新たな風景を生み出すのかもしれません。

皆さんが思い描くその場所で。

この建築ユニットは、
様々な用途が考えられ、
仮設建築としての需要にも応えられるのではないかと考えています。

・自然風景の中のホテル・貸別荘

・地方の眺望の良い廃校のグラウンドの
 利活用としてのホテル・貸別荘

・ゴルフ場、スキー場、牧場等の
 一部利活用としてのホテル・貸別荘

・都市公園内の仮設店舗・託児所

・鉄道の地中化等により発生した都市の
 空地の有効活用としての店舗等

・その他
 事務所・共同住宅
 新規事業スタートアップ店舗
 キャンプ場の管理棟
 公共トイレ etc.

自然に迫る建築

2020年 自然は、
やはり私たちの喜びであり
生きることそのものに直結する
ということが、顕在化した
ように思われる。
少なくとも都市に住む私は
そう感じることになった。
生身の自然に会いに行くための、
建築が有ればと思う。

この建築は、生身の自然を感じることを目的とした場所。
行きたいと思ったその時に、誰でも訪れ、滞在することができる。開かれた建築。

自然に迫る建築 – 計画編

前回の崖地のコンセプトモデルに対し、こちらは実際に計画されたもの。
15年前に、彫刻家のギャラリー・ゲストハウスとして計画されたものですが、このご時勢をきっかけとして、再び、実現したい建築・空間として浮上して来たのです。

自然を感じるための建築。
様々な人が訪れ、滞在する、
開かれた場所。
そんな建築有ったらいい・・・
(建てたい方募集中)。

山を受け 小川に接し
 海を眺望する

自然と一体化しつつ、
暖かい場所も用意された建築

自然のフォルム

自然の形が与える印象を、 
建築に付加することができるかどうか

自然に潜む美を、どう扱うか

「自然の中に有る美」とは何だろうか。
何を取り出せば心地よいのだろうか。
長い間考えてきたこと・・・・

 

風のかたち

スパイラルで遭遇した
WOW visual design studio
のインスタレーション。
「wind form_03」
人工の風と光に感動した出来事。

自然の現象と感動を
人が創り出すことができる
という可能性に出会う。
そんな建築をつくりたい。

一瞬

自然との一瞬の出会い
その感動に相応しい空間・建築を

自然と、人間のコラボレーション

この風景は、この場所での古くからの人間の営み・長い長い歴史を思い起こさせた・・・

人が地球に生きた軌跡

「生きる」ことの原点を思い起こさせる、そんな風景・・・

メールマガジンをご購読ください

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう